伊賀市新庁舎研修会・・庁舎整備特別委員会

5月16日 新庁舎への議論の参考に、2019年1月に開庁した伊賀市の新庁舎に視察研修に庁舎整備特別委員会で行きました。

明るい開放的な玄関

会派室は6室。応接室が置かれています。

広々とした市民窓口。プライバシーはしっかり守られ、会議する場所も多く設けられています。

議場は、少し狭く感じましたが、木の温もりを感じる一体感のある議場。傍聴者とは身近に感じられるフラットなつくり。

座り心地のいい椅子でした。

伊賀市の新庁舎に係る概要が説明され、平成18年から議論され、平成26年に今までの現地建て替え案が白紙となり、現在の場所での建築実現は平成31年と長い年月、議論を重ねてこられました。伊賀の忍者をモチーフに、黒で統一された新庁舎。

関係者の大変なご苦労を感じました。

地震に備え、免震構造を使用。自然エネルギーも活用されていました。

今後、人件費や建築材の高騰が懸念される中、今回の研修も参考にさせていただきながら、議論を深めてまいります。